猫の漫画でゆっくり過ごそう!チェックしておきたい猫漫画作品は?【動画・画像あり】

春一番が吹き荒れるとはいえ寒い日が続く毎日。休みの日に外に出掛けるのはまだまだ億劫ですよね。
そんな時は、暖かい家の中でゆっくり猫の漫画に浸るのはいかがでしょうか!
今回は『家でじっくり読みたい猫の漫画』をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います!

【泣きたい時の猫の漫画】

■ペン太のこと 


著者:片倉真二
出版社: 講談社
内容:登場人物は「僕」であり作者自身で、仕事に追われ、家族とも上手くいかない日々を送っていました。そんな時、ふと立ち寄ったペットショップで「ペン太」♀と出会います。ペン太は猫なのに高い所に飛び乗れない、猫なのに虫捕りが出来ない、など猫らしい面がないけれど、そんなペン太の魅力に家族はすっかり虜。気が付けば家族との仲も元に戻り、やがて新しい猫もどんどん増えていきます。このままずっと一緒にいられる・・・そう思った10年目に事態は変わっていきます。
   

◇ポイント

ブログで描かれていたWEB漫画が書籍化した作品です。ほのぼのした日常が描かれ、猫を飼っている人にはあるあるな内容も。猫ってこんなに癒されるのか・・・漫画を通じて猫の素晴らしさを再認識できますよ。そして最後のお別れの時には涙が止まらない。子猫からの時代を知るからこそ、まるで自分が飼っている猫とお別れをしているような感情になる人も多いのではないでしょうか。
猫を飼うという事は楽しい事ばかりでなく、悲しい事も起こります。それを柔らかい表現で教えてくれる漫画なので、猫を飼っている人以外にもおススメです。

■チーズスイートホーム


著者:こなみ かなた
出版社:講談社
内容:母猫や兄弟たちと暮らしていた「チー」は、ある日好奇心から散歩中にはぐれてしまい迷子になります。そこへ山田家の長男「ヨウヘイ」(幼稚園)が公園で倒れている「チー」を保護し、山田家の家族として日常を送ります。やがて「チー」の本当の家族が見つかり、山田家と本当の家族で揺れ動く「チー」と「ヨウヘイ」。果たして、物語はどう展開するのでしょうか・・・。

◇ポイント

山田家で過ごす間、どんどん成長していく「チー」が可愛い!そして「チー」の幸せをついつい願ってしまう作品です。でも、どんな形がチーにとって幸せなのか?ついつい考えてしまうかも!もう最後までストーリーから目が離せません。どうぞ「チー」の幸せを見届けて下さい!

■またね!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

またね! [ 石塚夢見 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/2/24時点)

著者:石塚夢見
出版社:秋田書店
内容:感動物語が詰まったショート・ストーリー集です。猫とのお別れを中心にしたお話がほとんどで、猫が逝くパターンもあれば、人間が逝くパターンも。物語自体はとても短いのですが、お話の冒頭から“死”を含んだ内容から始まるので心の準備が必要です。

◇ポイント

 短編集なので様々なお別れパターンの作品を読む事が出来ますが、1話目読むだけで号泣です。読む時はハンカチかタオルは必ず用意しておきましょう。そして、誰もいない部屋で見る事をおススメします。どうせなら思いっきり声を上げて泣いて欲しい。
このシリーズは何冊か出版されているので、泣きたい時はお好きな巻で泣きましょう!

【猫との生活を知りたい時の猫の漫画】

■新久千映のねこびたし
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新久千映のねこびたし 1-2巻セット [ 新久千映 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/24時点)

著者:新久千映
出版社: 集英社
内容:新久先生のご自身が飼っている猫「せんちゃん」との生活を描いた漫画。ある日拾った1匹の猫が「せんちゃん」で、これが超が付くほど暴れん坊!元気100倍わんぱくっ子に振り回される新久先生ですが、結局「せんちゃん」には甘い甘い。そんな“ねこびたし”な日常を笑って見て下さい!

◇ポイント

「せんちゃん」の性格が凄くて、わんぱくで暴れん坊、常に部屋中を駆け回り、さらに好奇心旺盛ときた。聞く限りでは手が付けられないように思えますが、たまに見せる『甘え姿』で全て許してしまうみたい・・・。
新久先生が「せんちゃん」と出会ったエピソードも凄い。「せんちゃん」は元は広島県千田町に住む子猫でしたが、この千田町周辺に子猫がウロウロしていると聞きつけた新久先生がカゴを持って現れ、その時に捕まえた子猫が「せんちゃん」だそうです!なんだろう、「せんちゃん」も「新久先生」もクレイジーな部分が似ているような・・・。
 猫に振り回される日常を見ていると、なんだか羨ましさも感じてしまう作品です。笑って、ホッコリできるので癒しの効果は抜群!

■うちの猫がまた変なことしてる。


著者:卵山玉子
出版社:KADOKAWA / メディアファクトリー
内容:保護猫会で出会ったという2匹の猫と暮らす日常生活を描いた作品。タイトル通り、変なことをするんです。でも猫を飼った経験がある人にはあるあるな内容。思わずうんうん言いながら読み進めてしまいます。次はどんな変なことをするんだろう、と期待しながら見てしまいます。

◇ポイント

絵が可愛くて、まずそこで作品が気になる!1匹でも大変そうなのに、2匹だからもっと大変。ゆる~いタッチで描かれているので猫だけでも癒されますが、変な行動を取る2匹を温かく見守る作者さんの姿にもほんわかします。
なぜ猫って箱に入りたがるのか、見つめてくるのか・・・不思議と猫に触りたくなる作品です!

■猫ゴコロ―気持ちが分かればにゃんと幸せ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫ゴコロ 気持ちが分かればにゃんと幸せ! (単行本・ムック) / リベラル社/編集
価格:1188円(税込、送料別) (2017/2/24時点)

監修:淺井 亮太/ イラスト:ねこまきさん
出版社:出版社: リベラル社
内容:猫は「気まぐれ屋」と言われるけれど、習性やサインがあるんだよ!という話を分かりやすく解説している漫画です。猫のサインの種類、飼い方のコツ、健康管理の方法など、どれも漫画で描かれているので見やすい!

◇ポイント

猫を飼う初心者の方に是非おススメの1冊!これを読めば「猫のなぜ?」な行動やサインについて学べますよ!獣医師さんが監修しているので、知っていて損はない情報がたくさん詰まっています。
猫を飼っている人も、読むと猫との接し方が変わってくるはず。もっと楽しい共同生活が送れますね!

■猫と下僕の素敵な日常
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫と下僕の素敵な日常 [ 木村明広 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/2/24時点)

著者:木村明広
出版社:KADOKAWA / エンターブレイン
内容:5匹の猫に囲まれて暮らす作者の生活を描いた漫画。自分の事を“下僕”と言い、猫の尻に引かれて生活している様子が面白い!事の始まりは子猫を拾ったあの日から・・・。作者が仕事をしていようが、寝ていようが、全ては猫中心に動いている!

◇ポイント

 カラーで見やすい絵なのでスイスイ読み進められる作品です。しかも可愛い!振り回される2人も優しすぎです。笑って、癒されて、そして泣ける話もあり。

【ファンタジーに浸りたい時の猫漫画】

■猫絵十兵衛御伽草紙


著者:永尾まる
出版社:少年画報社
内容:舞台は江戸。鼠除けの「猫絵」を描くのが仕事の「十兵衛」と一緒に暮らすのは人の言葉を話す怪猫の「ニタ」。コンビで動き、十兵衛が書いた猫絵に魂を吹き込むのがニタの役目です。そのコンビの周りでは様々な人情ストーリーが巻き起こります。
果たして1人と1匹はどう解決していくのでしょうか・・・。

◇ポイント

 時代物が好きな人、歴史が好きな人、しゃべる猫が好きな人にはたまらない漫画です!ニタは話すけど猫は猫。ふと見せる猫らしい一面が「やっぱり猫だな」とキュンとします。実は猫又の猫仙人らしいのですが、その不思議な魅力と笑い声の「ニョホホ」も可愛い!たまにのほろりが本当にすごく感動します。
私は、猫はよくなつかないとかそんな噂話をする人に紹介したいです。この本を読んだ猫の飼ったことのある人はすごく胸が締め付けられる感動話で泣けると思います。
意外に作者も時代考証をしているので面白い作品です。すごくお勧め
ストーリーは1話完結で終わるので、短い時間で楽しめ、読んだら温かい気持ちになれます。2016年の時点では17巻まで発刊しているので、1日かけてゆっくり読んでみて欲しい!

■猫ヶ原


著者:武井 宏之
出版社:講談社
内容:フワフワで可愛いという猫のイメージを覆す、シリアスでカッコいい猫の作品!さらに剣を振り回して戦うバトル系です。主人公は野良として旅をする「ノラ千代」。太刀には飼い猫の証である鈴(家紋つき)が付いています。悪を退治しながら旅を続けるノラ千代の目的とは一体何なのか・・・。

◇ポイント

 シャーマンキングの作者が描いた、闘う猫の物語。猫と武器を掛け合わせた漫画はそう見ない組合せなので、表紙からストーリーが気になります!「南無」を「にゃむ」と言うあたりは猫っぽい。

■たわら猫とまちがい人生
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

たわら猫とまちがい人生 1-3巻セット [ 日高トラ子 ]
価格:1388円(税込、送料無料) (2017/2/24時点)

著者:日高 トラ子
出版社:講談社
内容:どっしりして態度がデカい捨て猫を拾ったのは19歳の「ことり」。かなりふてぶてしく、美味しい食材に目がない猫に初日から振り回され、早くも「追い出す!」決意をしながらも猫は相手にしてくれない。しかしこの猫、何故か憎めないキャラクターであり、知っている人にはレアな猫らしい・・・。猫は「たわら」と名付けられ、ことりと共にドタバタな毎日を過ごすようになります。

◇ポイント

 「たわら」のポヨンとしたお腹がとても気持ちが良さそうで、「たわら」に抱き着ける「ことり」が羨ましくも感じます。ストーリーは「たわら」と「ことり」の何でもない日常から、ことりの友人、変なバンドマン、バイト先の人々との交流を描いた物など、夢あり、恋愛あり、変な展開ありで面白く表現されています。テンポよく読めるので、気が付けばたわらワールドにハマっているはず!
 

■猫暦
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫暦(1) [ ねこしみず美濃 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/2/24時点)

著者:ねこしみず美濃
出版社:少年画報社
内容:舞台は江戸時代。学者と学者の助手「栄」と、夜だけ人の言葉を話す猫が織りなす物語です。星の知識に興味を惹かれる栄と、それをサポートする猫が共に成長していく様子が楽しめます。

◇ポイント

 猫と天文学とファンタジーが交わるお話は、読んで楽しませてくれる要素がてんこ盛り。まるで歴史の一部を読んでいるような、しっかりした内容となっています。猫又の嫁を貰いに来た、と突然猫が現れるのと、それをあっさり受け入れる親子によって物語がトントン進んでいきます。イラストも可愛い!
 

【猫の漫画でゆっくり過ごそう!チェックしておきたい猫漫画作品は?【動画・画像あり】まとめ】

新しい作品~少し前の作品でいくつかピックアップしてみました。人により好みはあると思いますが、どの作品も面白くて、猫好きさんにはたまらない作品ばかりだと思います。
特に実際の飼育漫画は、これから猫を飼いたいと思っている人には良い勉強本になったり!漫画って素晴らしいですね!
今の時代はパソコンで試し読みが出来る作品が多いので、「読みたい!」と思う作品があったら是非試し読みをしてみましょう!(対応していない漫画もあります)