猫の飼い方:季節ごとの注意が必要なこと

a gray cat is holding a pencil with a scribble and books on a white isolated background for a training or humor concept.
季節によって気を付けることは様々こちらでは、
季節ごとに注意する点をまとめました。
もちろん毛の長さなどによっても注意点が違ってますので
注意してください。

夏の季節 気をつけること

31122898_l

熱射病、日射病の予防

ねこちゃんは、発汗作用による体温調節が人間ほどよくないので、直射日光下に長く放置しないようにしましょう。

また、空調機の風が直接当たったり冷え過ぎたりしないよう注意しましょう。

季節別管理:春と秋

a1180_006903
朝晩気温の格差が大きく、体温調節や気温に対する順応の困難な季節が春と秋です

換毛期の被毛の手入れ

皮膚の新陳代謝が活発になり、冬に密生していた綿毛が夏毛に換わる時期です 。
毎日のブラッシングを念入りにし、皮膚病の予防をしましょう。

ハウスなどのベット周辺の管理

気温が上昇してくるとノミ、ダニの活動が活発になります。
ハウスやマットの内外の清掃を、こまめに行ない、清潔を保ちましょう。

風邪に注意

朝晩気温の格差が大きく、体温調節や気温に対する順応の困難な季節が春と秋です

風邪が気管支炎、肺炎などを誘発するケースが多いので、ハウスやベットの温度差を少なくする工夫をしましょう。

発情期の管理(春)

12521521_l
雄ネコには発情の周期はないですが、春は雄も雌も行動が活発になるため避妊対策が必要です。
繁殖を計画する場合もしない場合も発情の開始と終了を見届けるのが飼い主の義務です

梅雨の季節に気をつけること

皮膚病の予防

暖かくなると皮膚病の原因となるノミ、ダニの活動が活発になります。
ブラッシングをこまめに行いましょう。特に雨の日お散歩後などの濡れた被毛はタオルでよく拭き、害虫や皮膚病の原因菌が繁殖しないよう心掛けましょう。

ハウスやペット用ベット、クッションの清掃をこまめに行い清潔に。
特にクッションなどは晴れた日に日光消毒を行った後、掃除機でダニの死骸や害虫の餌になるフケなどを取り除きましょう。

食中毒の予防

人間同様食中毒に注意しなければならない季節が梅雨です
食べ残しは早めに始末し、食器は清潔を保ちましょう。
食事と一緒に与えた水はフードが混入し腐敗する恐れもあります。
食後には水を取り替え飲み水の鮮度を保つようにしましょう

冬に気をつけること

a0027_000238

保温

 毛布などを利用して床を暖かく保つ工夫をする。
子ネコや老ネコはヒーター等によるって保温するのもいいでしょう。
赤外線こたつや、ストーブのそばに長時間置かないようにしましょう粘膜が乾燥して目ヤニや風邪の原因となります。
火傷や酸素不足による中毒、電器コードによる感電も注意を要す。
昼夜の温度差を少なくすべきであるが、過剰暖房はネコを虚弱体質にするのでほどほどに

風邪に注意

空気が乾燥し気管支炎や肺炎等の呼吸器病が多発するのできをつけましょう.

高カロリー食への切り替え

 一般にネコの栄養を満たすには食餌量を増減して対応するのが本当だが、体力の衰えたネコや老ネコなどの食欲が伴わない場合には食餌内容を高カロリー食に切り替えて栄養満たすのも手です。
すべてのネコで冬に備えた体力作りを心がけましょう