【猫飼い初心者向け】猫との暮らしで快適なトイレ


人間にとってトイレは、一人で何も考えずにくつろげる場所です。

人によっては、トイレで長時間過ごすために、いろいろな工夫をされている方もいると思います。

猫にとっても同じで、トイレはリラックスできる場所です。

そのせいか、トイレ中に頑張っている姿をじーとみるととても嫌な顔をされます。

猫との暮らしの中でトイレは重要な役割ですので猫が好む快適なトイレを用意してあげましょう。

トイレは適切な場所に設置してあげましょう


トイレの設置で重要なのは、落ち着いた場所であるかということです。廊下や玄関先など、人の出入りが多い場所では猫はリラックスできません。
また、トイレの場所がころころ変わるのも落ち着かず、猫自体が混乱し、トイレ以外で用を足してしまう原因にもなりますので、設置場所はよく考えてから決めましょう。

猫との暮らしの中で、普段の様子を観察していると、猫は静かな場所や、夜行性ということもあり暗い場所を好みます。

トイレを設置するなら、人の出入りの少ない部屋の隅などで、落ち着けそうな場所に設置してあげましょう。

そして、屋根付きのトイレであればさらに落ち着くかもしれません。

トイレがリラックスできる場所であれば、猫は自然にトイレも場所を覚えてくれるようになりますので、飼い主のしつけの負担も減ります。

好みで選ぶトイレの砂

a1180_006916
室内での猫との暮らしには、猫のトイレ砂は必ず必要になります。トイレの砂は様々な種類がありますので、猫の好みや体質、飼い主の事情などによって使いやすいものを選びましょう。ここでは主な砂の種類と特徴を紹介します。

・鉱物系の砂

自然に近い砂のため、猫が好むことが多いと言われています。尿が固まりやすく、掃除もしやすいのが特徴です。

・木材系(おがくず)の砂

環境にやさしく、吸水能力にも優れている砂です。木の香りで消臭効果が高いのが特徴です。

・食品系の砂

おからやコーンスターチなどが原料の砂です。食品なので猫が口にしても安全で、処分方法もトイレに流せる、土に戻せるというのが特徴です。

・紙系の砂

パルプが原料ですので、吸収性が抜群で種類によってはトイレに流せます。とにかく軽いので持ち運びが楽なのも特徴です。

・シリカゲル系の砂

シリカゲルが原料なので脱臭、消臭効果に優れている砂です。尿をするたびに捨てる必要がないので、砂の交換頻度が少ないのが特徴です。

トイレはいつもきれいにする

32790504_l
猫のトイレが設置できたから終わり、ではありません。

猫との暮らしの中で、いつまでも快適なトイレ維持していくことの方が重要です。

トイレの管理が不十分で、汚れていると、猫はきれい好きなので、別の落ち着ける場所を探し、トイレではない場所で排せつする可能性もあります。

トイレはこまめに掃除し、猫がいつもリラックスできる状態を作ってあげましょう。