猫のサインを知って、毎日を楽しもう!


猫ちゃんは犬と比べると、普段はツンツンしていて甘えたい時はデレデレしてくる『ツンデレ』のイメージが強い動物です。
しかし、もしかしたら猫なりのサインがあり、それを飼い主さんが見落としているだけかも知れません!
 

そこで今回は、猫ちゃんの愛情表現に関するサインについてまとめてみました!
愛猫ちゃんの気持ちが分かると、より楽しい生活が送れるはずです!
 

【猫の愛情サインはたくさん!】

■ふみふみ・もみもみ

 猫ちゃんが飼い主さんの膝の上や、布団やクッションの上でふみふみ・もみもみする姿を見た事はありませんか?
ちゃんと意味があって、猫ちゃんがリラックスしたい時や飼い主さんに甘えたい時に行う事が多いようです。
 
元々は、子猫の時代に母猫のオッパイを催促する行為ですが、これが大人になっても出てくるみたい。ふみふみする姿は可愛くてずっと見ていたいですが・・・。

■お腹をどーんと見せる

 猫に限りませんが、動物が急所であるお腹を見せる行為は飼い主さんを信頼している証拠です。
「私はあなたに敵意を持っていません。どうぞ好きにして下さい~」と言っているようなものです。
お腹を優しく撫でてあげましょう。
 

■体のこすりつけ・頭のこすりつけ

 ニャーニャー鳴きながら飼い主さんの足や体に頭をこすりつけたり、体を摺り寄せたりする行為はよく見かけます。
これは、自分の“におい”をこすりつけて、自分の物アピールをしているのです。猫ちゃんは大変テリトリーを意識する生き物なので、『この人は私の物だから!』と周りにアピールしているのでしょう。
飼い主さんからすれば、とても嬉しい行為ですよね!

■鼻を合わせる

 顔を近づけて、飼い主さんの鼻に猫ちゃんの鼻を当ててくれたらお友達と認識されている証拠です!『攻撃なんてしないよ!仲間だよ!』という意思だそうですよ。こんな理想の仲になりたいですよね!

■喉をゴロゴロ鳴らす

 喉をゴロゴロ鳴らす行為も、猫ちゃんのイメージの一つとして持つ人が多いはず。
喉を鳴らす要因は色々とあり、『幸せ~!リラックスしちゃう!』というシーンが多いようです。
 
ただ、焦った時や不快な時に鳴らす時もあるので、猫ちゃんの表情にも注目して観察してみて下さい。
飼い主さんなら分かりますよね♪

■構って攻撃

 飼い主さんが仕事でパソコンに向かっている時や、読んでいる雑誌の上に寝転んで邪魔をするなどの行為は、困るけど可愛いですよね!
ただ、邪魔をする行為は猫ちゃんが興味を持っている証拠!飼い主さんや気になる人にしかしない、貴重な行為なんですよ。
『こんなに好きなのに、私に構いなさいよ!』って言っているようです・・・。
 

■どこでも出待ち

 トイレの扉を開けると廊下で待っていたり、お風呂に入ればスリガラス越しに待っていたり、どこでもついて来ては待っている事はありませんか?
まるでストーカーのように感じますが、これも愛情表現。常に飼い主さんの側に居たいだけなのです。
これは言われなくても飼い主さんに伝わっていますよね。
 

■ネズミや鳥などを獲って来る・・・

 愛猫が何かを銜えてやってきたら、飼い主さんは心を落ち着かせて見守ってあげましょう。
それが例えネズミや鳥だったとしても、決して飼い主さんを驚かせる為に獲ってくる訳ではありません。
『お腹空いたでしょ!これを食べて下さい』という献身的な心で行っているのです。
また、枕元にお気に入りのオモチャを置いていくパターンなど、猫ちゃんによって様々あるようです。
 

■シッポが直立!

 猫ちゃんのシッポに注目してみて下さい。
シッポが直立なほど、信頼や愛情が強い事になります。
飼い主さんに近寄ってくるシッポは、どんな角度をしていますか?
 

■まばたきの速度

 愛猫ちゃんと目が合う事はありますか?
その時、猫ちゃんがゆっくりとまばたきをすれば、飼い主さんに愛情がある証拠です。
これが長い時間続くほど、愛情は深いでしょう。
逆に、飼い主さんが猫ちゃんにゆっくりまばたきをしてあげて、愛情表現をしてあげるのも良いと思います。
すぐに目を逸らす猫ちゃんも、毎日実行すれば心を開いてくれるかも知れませんよ!
 

■いつでもくっつく

 どんな日でも、とにかくくっついて離れない猫ちゃんもいます。
言わずもがな、飼い主さんが大好きな証拠です。
飼い主さんの匂いが安心するのか、体を温めたいのか、猫ちゃんの気分次第かも知れませんが、愛猫ちゃんに甘えられて嫌な気分にはなりませんよね!
 

■なでなでPlease

 お腹を見せる行為と同じくらい、心を開いているサインです。
自分の体を許す行為は、信頼の他ありません。猫ちゃんは顔周りを撫ででもらうのが嬉しいので、優しく撫でてあげましょう。
特に毛づくろいで届かない場所が好きなようです。
ここで喉を鳴らされれば、リラックスしている証拠ですよね。
 

■体をくねくねしてる

 床でゴロンゴロン、くねくねして飼い主さんを挑発するような行為が見られた時は、甘えたい時。
『遊んでー!構ってー!』と言っている感じですね。超甘えたい時よりかは、遊んで欲しいケースが多いかも知れません。
あまり触り過ぎると、スッと離れちゃうかも
 

■玄関でお見送りや御迎え

 どうしても仕事で外に出ますが、それを察して玄関や窓でお見送りをしてくれる猫ちゃんがいます。
『気を付けてね、早く帰って来てね』と言わんばかりに寂しそうな顔で見送ってくれる姿を見れば、寄り道もせず真っすぐに帰りたくなりますね。
逆に玄関を開けたら『おかえりー!』と待っていたり!
 
猫ちゃんの耳はとても敏感で、足音の聞き分けが可能。誰が帰って来たか、今はどこら辺なのか、聞き分けて行動が出来ます。
愛しい人が帰って来たら、真っ先に自分のニオイを擦り付けて『自分の物』アピールがしたいみたいです。
 

■反応が薄いようで・・・

 愛猫があまり反応しないけれど、嫌われているのかも・・・。
と悩んでいる飼い主さんはいませんか?リアクションがないし、無表情だし、何を考えているのか分からない。
 
ところが、猫ちゃんの反応が薄い=『これがいつもの私ですけど?』と素の自分を見せている証拠。
つまりリラックスしている姿なのです。
 

■行動を見ている

 ちょっと台所へ・・・ちょっとトイレへ・・・飼い主さんが行動を起こせば、ジッと見つめている事はありませんか?
猫ちゃんは興味のある人しか追いかけません。
飼い主さんの行動をいちいち観察しているのなら、『私を置いてどこに行くの?そっちは危なくないの?気を付けてよ』なんて目で訴えているのかも知れませんよ。
 
 

【猫のサインを知って、毎日を楽しもうまとめ】

いかがでしたか?愛猫の行動には色々な愛情サインがあり面白いですよね!
もちろん、猫ちゃんの性格や個性によって違ってくると思いますが、そこは一緒に生活をしている飼い主さんがよく観察し、ご自身の愛猫ちゃんの愛情サインに気付いてあげる必要があります。
 
また、猫ちゃんに多くみられる愛情サインをまとめましたが、まずは愛猫ちゃんとの信頼関係を築き、飼い主さんがたくさんの愛情を注いであげる事が重要です
岩郷さんの世界猫歩き等では猫のサインを時々話してくれるので参考になりますよ