猫の特徴

猫の品種は多くの種類があります。、それでも犬に比べたら、10分の一になるのですから、
猫のほうが進化していないのかもしれませんね。
まずは、それらの猫の種類をよく知り、特徴や習性を学んでみませんか?
飼う前にそれぐらいは知っておきたいものです。

猫の成長


猫は生後2か月もすると、人間に寄り添いたがり、じゃれたりして、その付き合いを楽しむようになります。これは人間同様の「社会化」と言われる成長の過程にとってとても大事なことです。人間や周辺の仲間たちと上手に付き合うための訓練時期だからですが、この後 3カ月ごろまではその時期になるでしょう。この時期を上手に過ごせば、猫の性格は穏やかになると言われていますし、その性格は死ぬまで続くものですから、心して、飼い主は猫とのふれあいをしてください。言い換えれば、猫を飼い始める時期は生後2か月が一番いいと言われています。離乳が終わり、心身が十分発達した時期だからです。

猫の毛の長さの違い

では毛の長さによって、猫の性格に違いはないでしょうか。まさかと思った
私ですが、実は毛が長い方がおとなしく、毛が短い猫は長い猫より活動的だという
数字が出ていました。長い毛の場合には毎日のブラッシングが必要となりますし、シ
ャンプーも欠かせません。どちらかというと、飼い主が大変なのは、性格はおっとり
しているけど、手間がかかるのは長い毛の猫のほうになるでしょう。

雄雌の違い

ところで、猫にもオスメスの違いはあるでしょうか?オスの場合は、ともか
く大人になったときの「縄張り」行動が多いです。家の中でもあちこちにおしっこをし
たがりますし、性格も荒々しい時があります。その点、生後半年程度のころに去勢
術をする人も多いですね。一方、自由に外出しやすい猫の場合、雌猫はすぐに妊娠
する可能性も高いです。家に閉じ込めると、発情期には狂ったように泣きますので、
ほとんどの飼い主は去勢術・不妊術を行いますが、これは猫にとっても心穏やかに
過ごせることからお勧めできることだと思います。

純血種

猫好きの方にとっては、純血種というのはとても魅力ですよね。猫にはみ
な個性があるものですが、それが純血種ではっきり分かるからかもしれませんね。
例えば、ペルシャ猫は、温厚でおとなしく、シャム猫は、活発でおしゃべりだと言われ
ています。性格を判断するうえで、純血種の場合は飼い主にもわかりやすいので
す。

また、純血種の猫というのは、様々な体型などの種類が豊富です。毛が
長い優美なもの、両耳が垂れさがっているもの、縮れ毛のもの、毛がないもの、尻
尾のないもの、足の短いものなどは、純血種でなければ見られない特徴です。体格
や色の選択などもまた、純血種のほうがいろいろあるのです。

シャム猫はともかく活発だと言われていますが、好奇心が強く、おせっか
いを焼くところもおもしろい性格です。手間がかかる部分はありますが、子供っぽい
振る舞いなどは、飼い主を楽しませてくれることは間違いありません。静かにしてい
ることなどほとんどないほど、元気なのです。

一方、ペルシャ猫のように、毛が長く優美な猫はすぐ、ペルシャ猫だとわかってもらえますし、猫の愛好家はこの長い毛の優美さに魅了されると言います。
ただし、毛の手いれば一番大変で、毎日のブラッシングを行うことが必要になります。
抜け毛の始末も大変ですし、猫の胃の中に毛玉が入り込むことも多く、これは気をつけねばならないことです。
この病気は毛球症と言われ、食欲なども落ちますので、病院に連れていく必要があります。