猫も暑いのは苦手!熱中症だってなるんだニャー!


猫の先祖は元をたどると熱い砂漠地帯で誕生したと言われており、『猫は暑い環境でも大丈夫』なんて認識している人もいるのではないでしょうか。
ところが現代の猫は暑さに苦手!猫も熱中症になり死亡するケースだってあるのです。
 
犬と違って、自由に行動できる猫は熱中症の対策も少し違います。
今回は熱中症についての対応と対策についてまとめてみましたので、これからの過ごし方について参考にして頂ければ幸いです。

【熱中症について】

猫は家の中を自由に行動できるので、暑い日でも場所を変えながら快適に過ごせる涼しい場所を見つけて過ごします。そういった場所探しは天才なのです!そんな猫でも、同じ部屋に閉じ込められたり、風が通らない部屋だったり、条件が重なると熱中症になる恐れがあります。
さらに猫にも熱中症になりやすい特徴があります。太っている子、シニアの猫、子猫、鼻が短い子、長毛種の子、毛量が多い子などが熱中症になりやすいと言われています。

<どんな症状が起こるの?>

■元気がない
■食欲がない
■浅い呼吸をする
■動くとフラフラしている
■下痢や嘔吐を繰り返す
■痙攣を起こす

少しでも普段と様子が違うようなら病院で診てもらいましょう。浅い呼吸をしている時点で危険な状態なので、そうなる前に様子の変化に気が付きたい所です。

<暑さを訴えるサイン>

真夏日のように気温が30℃を超えたり、湿度が60%を超える日は熱中症になりやすいと言われています。普段は涼しい場所を探してジッとしている事が多いのですが、それでも暑い時は自分で体温を下げるしかありません。
猫は犬と同じように「ハッハッ」と浅く速い呼吸(パンチング呼吸)で体温を下げようとします。犬は常に見られる姿ですが、猫がその呼吸をする時は体内温度が危険な所まで高いサイン。すぐに体温を下げてあげないと危ないのです。

<熱中症になったら>

愛猫がもしかしたら熱中症かも!?その時の応急処置を覚えておきましょう。
■体温を下げる・・・
まずは上昇した体温を下げなければいけません。なるべく涼しい場所に移動し、マッサージをしながら首や足首に水をかけたり(冷水はNG)、水で濡らしたタオルを首や脇の下に当てるなどの処置をして体温を下げます。団扇で仰いであげるのも良いでしょう。

■水を飲ませる・・・

 水を飲ませて脱水症状を回避させます。自力で飲めない場合は少しずつ口の中に入れて飲ませてあげましょう。ストロー、注射器、スポイトなど口の中に入れやすい細さの物があれば処置しやすいです。

あくまで応急処置なので、変化に気が付いたらなるべく早く病院へ連れて行き診てもらいましょう!

【暑さの対策】

では、愛猫が快適に過ごせる対策をまとめてみました!

■エアコン・・・

 猫が快適に過ごせる気温はだいたい20~25℃、湿度は50%以下だと言われています。そこで活用したいのがエアコン。1日付けっぱなしだと電気料金が気になりますが、暑くなる時間帯だけ付けたり、タイマーをかけて自動で切れる設定にしておくと良いかも知れません。そこまで低温の設定をしなくても28℃でも十分涼しいですし、ドライ設定でも過ごしやすいですよ。逆にあまり低い温度だと猫ちゃんが寒かったりするので、エアコンを付けてから愛猫がどんな様子か確認して使用を判断しましょう。
 また、エアコンの風が直接身体に当たらないようにしましょう。

■扇風機・・・

 猫は自由に行動できる分、羽根がむき出しの扇風機で怪我をする恐れがあります。使用するなら羽根が内臓されたタイプや羽根が無いタイプの扇風機をおススメします。猫によってはエアコンよりも扇風機の風を好む子もいるようですよ♪

■市販のグッズ・・・

 冷却ジェルシートやクールマットが販売されているので、それを利用するのも手です。保冷材が入ったタイプはクッションみたいで気持ちが良く、アルミプレートのタイプは硬めとなっています。どちらも身体を直接冷やせるので真夏日には最高のグッズですが、個体差で好みは分かれそうです。

■飲み水の数を増やす・・・

 部屋を行き来できるので、いつでもすぐに水分補給が出来るようにお水の設置場を増やしてあげましょう。毛で覆われた猫は水分を取る事で体温の上昇を抑えており、さらに水をこまめに摂取出来れば、体温調節の他に脱水症状も回避できるのです。
 この時に用意するお水は「水道水」や「循環水」のお水が良いでしょう。循環式給水器なら水をフィルターでろ過し、新鮮なお水を常に循環してくれるので安心です。それが無くても、蛇口から水道水を少~し出しておく方法もあります。

■カーテンを閉める・・・
 直射日光が部屋に入るだけで部屋の温度があっという間に上昇します。レースカーテンだけでも温度の上昇を和らげる事が出来ますが、遮光カーテンだとさらに効果があるのでおススメです。

■部屋を閉め切らない・・・
 何度も言いますが、猫は“涼しい場所を見つけて過ごす天才”です。家の中を探索できるように、部屋のドアを閉めずに解放しててあげましょう。暑い日はフローリングの床やタイルなどがある部屋に入ったり、ひんやりしたお風呂場を好んだりします。猫が入っても危なくないように、危険な物は出しっぱなしにしない、お風呂の水は抜いておく、ドアは突然閉まらないようにストッパーを挟んでおく、窓を開けっぱなしにする際は網戸を固定しておく、などの安全を考えて工夫しておきましょう。

【まとめ】
クールなイメージの猫も、夏の暑さには勝てない時もあるのですね。特に現代は異常気象により異常な暑さですから、これまでよりも夏場の対策はしっかりと取らないといけません。人間の言葉が話せないので、もしもの変化があっても飼い主さんはそれに気が付きにくいものです。飼い主さんが日々細かくチェックしてあげながら、愛猫の命を守ってあげて下さい。