【猫飼い初心者向け】猫との暮らしの中で、理想的なごはん

33451519 - little dog maltese and black and white cat eating food from a bowl in home
猫のごはんは飼い主によってさまざまな食事内容だと思います。
しかし、人間と同様で、食事内容によっては、肥満になったり、病気になったりする場合があります。

猫との暮らしの中で、猫の健康を守ってあげるのもお世話の一つです。

ではどんなごはんが理想的なのでしょうか。

幼いころが重要な猫のごはん

gf01a201503182200
子猫の時は、親猫のおっぱいがごはんになりますが、離乳後は環境によって好みが変わります。
なぜなら、初めて食べ始めるようになったごはんが、自分の食べるごはんと認識するようになるからです。

したがって、離乳食後の食事内容は重要になります。

元気な猫との暮らしを続けていくためには、手作りのものをあげるのもいいですが、栄養バランスが整っているものをあげるようにしましょう。

市販のキャットフードをあげる場合は、できるだけ食品添加物の少ないものを選びましょう。

猫は偏食ですので、大きくなってから食事内容を変えるのは難しく、警戒して、なかなか食べなかったりします。

いつもと違うごはんに慣れずに、かえってストレスになる場合もあります。人間と同じで猫にとって、幼いころの食習慣は重要なのです。

ごはんの回数

a1180_001203
猫の健康管理をするには、ごはんの量とタイミングも気を付けなければなりません。
長時間の外出などの特別な時を除いて、いつでも食べられるようにまとめてごはんをあげるということは控えましょう。
猫との暮らしの中では、飼い主も世話が楽になる、また猫もいつでも食べられるとお互いにとっていいような感じがしますが、猫の健康にはよくありません。

猫自身は1日の配分を考えて食事することはできませんので、適量以上の量を食べてしまい肥満の原因にもなります。

飼い主も猫が食べた量を把握することができませんので、食欲がないなどの体調不良の変化に気が付くのが遅れることにもなります

量と回数の目安は、子猫や老猫は、消化の力も弱いので、少量で1日に3~4回、成猫なら普通の量で1日2回くらいが理想的です。

ごはんの量とタイミングは飼い主の責任でもありますので、一定の量を決められたタイミングであげるようにしましょう。

猫に与えてはいけない食べ物

a0960_006698
人間にとってはおいしいごはんやおやつでも、猫にとっては毒性があるものがあります。

場合によっては命の危険もある場合もありますので、猫との暮らしをしていく中で、おいしいからとむやみに食べ物を与えてはいけません。

ここでは代表的な食べ物を紹介します。

・たまねぎ

ねぎ類全般に含まれる成分が体内に入ると、赤血球を破壊し溶血性貧血をおこす原因になります。ニラ、しょうが、ニンニクも同様に気を付けましょう。

・チョコレート

ココアなどにも含まれるテオブロミンという成分が猫の体内で分解できず、嘔吐や下痢の原因となり、場合によっては命を落とすこともあります。

・牛乳

猫に牛乳を与えるとおならや下痢の原因となります。それは、脂肪分が高く、牛乳に含まれる乳糖を分解することができないからです。猫用ミルクを与えるようにしましょう。

※他にも、レーズン、エビ、カニ、貝類、イカ、タコ、ハム、ソーセージ、ちくわ、ケーキ、クッキー、ガム、アルコールなどがあげられます。

人間のごはんは猫の健康上よくないものが多いということがお分かりいただけたと思います。快適な猫との暮らしを続けていくために、ごはんにも気を配ってあげましょう。