え?これも実はNG?猫に影響がある食材とは?


猫ブームにより、愛猫に手作りご飯を作ってあげる飼い主さんが増えましたね。手作りだと、食材を選べる点などメリットも多いので良い事だと思います。
そこで注意したいのが、選ぶ食材です。猫に与えると体調不良を起こす食材がある事はご存知だと思いますが、その種類は意外に多い!
そこで今回はその食材と、猫に及ぼす影響についてまとめてみました。

【その1】注意したい食べ物と危険性を知っておこう!


猫を飼い始めた人は、猫に与えてはいけない食べ物を把握しておく必要があります。

■ねぎ類(玉葱・長ネギ・ニンニク・にら・わけぎ・らっきょうなど)

 理由:ねぎ類には、赤血球を破壊し貧血を起こさせる「アリルプロピルジスルファイド」と呼ばれる物質が含まれます。これは加熱すれば消える成分ではありません。例えば、昔にあった『残ったネギ入りの味噌汁をご飯にかけてあげる(ねこまんま)』は、猫にとってはとんでもないご飯です!
 症状:食べる事により、ねぎ中毒を起こします。血尿・嘔吐・ふらつき・元気がない・心臓の鼓動が速い・急性の貧血など。自然治癒も多いですが、最悪の場合は死に至る病気です。
 注意:加熱しても消えない成分なので、とにかく猫には与えないようにしましょう。手作りでご飯を作る際も、ねぎ類と一緒に調理した料理は絶対に与えてはいけません。

■チョコレート

 理由:チョコレートやココアには、テオブロミンと呼ばれる物質が含まれます。猫はこれが分解できません。
 症状:テオブロミンにより、心臓や中枢神経系を刺激され、異常な興奮状態になる事があります。下痢・嘔吐・不整脈・痙攣・血圧上昇・ふらつき・運動失調などの症状を引き起こし、最悪の場合は昏睡状態になる事もあります。そのまま死亡するケースもありますので、甘くみてはいけない食材です。
 注意:カカオの割合が多いチョコほど危険です。人間社会ではカカオ多めのチョコが流行っていますが、猫がねだっても絶対にあげないようにしましょう。また、簡単に食べられないように保管しておきましょう。

■糖分が多いお菓子類

 理由:糖分や脂肪分は肥満の原因になります。さらに猫にも虫歯があるので、虫歯予防の為にも与えてないようにしましょう。
 症状:肥満・糖尿病・虫歯など
 注意:甘い匂いにひかれて探し出す猫もいます。お菓子の管理はしっかりと!

■ブドウやレーズン

 理由:なぜ体調不良が起こるのか、未だ謎の食材です。原因が分からない食材って怖いですよね。
 症状:嘔吐・腎機能障害など
 注意:原因は不明ですが、体調不良を起こす食材です。与えないようにしましょう。

■生卵

 理由:卵白には「アビジン」と呼ばれる酵素が含まれていますが、これがビタミンの「ビオチン」を分解してしまい、体調不良へ繋がる恐れがあります。
 症状:皮膚炎・結膜炎・下痢など
 注意:「生」で与えると体調に変化をもたらすので、しっかりと加熱して「アビジン」を破壊すれば大丈夫です。必ず加熱して与えましょう。

■アボカド

 理由:アボカドには「ペルシン」と呼ばれる物質が含まれています。この物質が毒であり、人間以外が食べると体調不良を引き起こす恐い食べ物なのです。
 症状:痙攣・呼吸困難・胃腸炎・下痢・嘔吐など
 注意:実は人間しか食べられないアボカド。猫にうっかり・・・なんて事のないようにしましょう。最悪の場合、命を落とす事もあります!

■カフェイン

 理由:猫にコーヒーや紅茶を飲ませる飼い主さんはいないと思いますが、カフェインは中枢神経を刺激して強い興奮状態にさせる効果があります。人間も「コーヒーを飲んだら眠れない」って聞きますよね。人間はスッキリしても、体の小さな猫には強い作用!少しのカフェインでも変化が出てきます。
 症状:興奮状態・下痢・嘔吐・呼吸数の増加・血圧の上昇・痙攣・不整脈など
 注意:飲ませてなくても、人間の飲みかけのコーヒーや、紅茶など、匂いにひかれて自分で口に入れるケースもあります。猫がいる部屋にドリンクを置きっぱなしにしないようにしましょう。

■アルコール

 理由:これもカフェイン同様、猫にビールなどのアルコールを飲ませる人はいないと思いますが、猫の肝臓は人間のようにアルコールを分解する仕組みになっていません。
 症状:内臓の機能障害・下痢・嘔吐・呼吸異常・血圧低下・意識不明など
 注意:間違っても猫にアルコールを飲ませないようにしましょう。

■イカ系

 理由:生のイカには「チアミナーゼ」と呼ばれる物質があり、これはビタミンB1を分解してしまう働きがあります。それにより、ビタミンB1欠乏症を引き起こし、様々な症状が出てきます。また、イカやタコは消化不良を起こす原因にもなります。
 症状:食欲低下・痙攣・異常行動・瞳孔が開く・フラフラ・嘔吐・下痢・便秘・重度になると昏睡状態。
 注意:チアミナーゼは加熱すれば消える成分なので、スルメなら大丈夫?と思いがちですが、与えすぎると消化不良や急性胃拡張の原因になるので、量と頻度に注意しましょう。

■あわび・サザエなど

 理由:実は怖いのが「あわび」。フェオフォーバイドと呼ばれる物質を含み、これが猫の体内に入り込むと、直射日光をあびやすい耳で光線過敏症を引き起こし、耳の組織を破壊して、最悪壊死させてしまいます。これが「アワビを食べると耳が落ちる」と言われる原因です。耳は皮膚も毛も薄く被害に遭いやすい部分なので、光線過敏症を引き起こしやすい。これにかかると激しい痒みに襲われるため、猫は必死に耳をかきむしって、さらに症状を悪化させてしまうのです。
 症状:激しい痒み・耳の壊死など
 注意:特に2~5月ごろのアワビには注意が必要なので、与えないようにしましょう。

■煮干し・かつおぶしなど(マグネシウムを多く含む食べ物)

 理由:マグネシウムは尿結石の原因になる物質です。特に猫は尿結石になりやすい生き物なので、与えすぎには注意が必要となります。
 症状:血尿・頻尿などの猫泌尿器症候群・腹痛・下痢など
 注意:絶対に与えてはいけない食べ物ではありませんが、量と頻度をコントロールして与えましょう。また、与える時は新鮮なお水も一緒に飲めるように用意しておきましょう。尿結石は大変痛い病気です。一度なると治らないとも言われています。

■青魚(アジ・イワシ・サバなど)

 理由:青魚には「不飽和脂肪酸」と呼ばれる成分があり、食べ過ぎる事により、猫の脂肪が酸化する黄色脂肪症を引き起こします。
 症状:皮下脂肪が酸化し変化する黄色脂肪症になりやすい。これはお腹から胸にかけて硬いしこりができ、痛みと熱を発する為、普通に歩けなくなったり人に触られるのを嫌がったりします。
 注意:食べ過ぎや食事の偏りにより発生する症状です。少量であれば有益な成分なので、与える量と頻度、そして食事のバランスに注意しましょう。

■生の豚肉

 理由:生の豚肉には「トキソプラズマ」と呼ばれる寄生虫が含まれており、人間も口にすると食中毒を起こします。「生の豚肉は食べるな」は人間も猫も共通の注意点ですね。感染した猫の排泄物など、なんらかのルートを経由して飼い主さんにも感染する可能性は高いので、生の豚肉では与えないようにしましょう。
 症状:下痢・嘔吐・妊婦の場合は流産や異形児・死産・目の障害など
 注意:とにかく生で豚肉を食べない!与える際はしっかりと火を通し、トキソプラズマを加熱死させるようにしましょう。

■レバー(牛・豚・鶏)

 理由:過剰摂取により「ビタミンA過剰症」という症状を引き起こす可能性があります。レバーは「ビタミンA・B郡」が豊富!特にビタミンAは脂溶性ビタミンと呼ばれ、体内に蓄積する性質を持っています。つまり大量にレバーを取り入れると、そのビタミンAがどんどん蓄積されて行く訳です。
 症状:ビタミンA過剰症により、骨の変形・食欲不振・嘔吐・皮膚の乾燥・四肢の痛み・多尿・眼球の乾燥など
 注意:重症になると起き上がる事さえ出来なくなる恐い症状です。ただ、レバーを摂取するのは悪い事ではありません。与える量と頻度をコントロールし、バランスの取れた食事を心がけて与えれば、有益な成分となります。

■鶏や鯛の骨

 理由:鶏の骨や鯛の骨などは、とても硬くて猫の消化器官内に刺さりやすい。
 注意:匂いにつられてパクっと持って逃げてしまう猫もいます。猫の手に届かないように、素早く処置しましょう。

■香辛料

 理由:猫の内臓は人間と違って香辛料に対応できません。わさび・こしょう・とうがらしなどや、間違ってカレーを食べさせる事もあってはいけません。
 症状:内臓障害・胃腸炎・下痢など
 注意:カレーやキムチなど、人間の食卓にならぶ料理です。目を離した隙に猫が不意打ちで食べないように注意しましょう。

■牛乳(人間用)

 理由:牛乳には「乳糖」と呼ばれる物質が含まれており、ほとんどの猫はそれを分解する「ラクターゼ」という酵素を持っていません。その場合、牛乳を飲むとお腹を下してしまいます。
 症状:下痢
 注意:市販で猫や犬専用のミルクが販売されています。どうしてもミルクを飲ませたいなら、専用のミルクを与えましょう。

■その他:人間の食べ物全般

 理由:人間の食べ物には塩分が含まれる物ばかりです。ハムやソーセージ、缶詰やお菓子、干物など、人間は知らず知らずに塩分を取り入れているのです。ただ、人間は発汗作用などで塩分を外に出し、コントロールをしています。
ところが猫は、ほとんど汗をかかない生き物。人間の約1/3ほどの塩分で十分なのです。人間と同じ食事をとる事で塩分の過剰摂取になり、様々な体調の変化に繋がります。
 症状:塩分の過剰摂取による血圧の上昇・心疾患・腎不全など
 注意:つまり、人間の食べ物は与えてはいけません。

■人間用のサプリ・薬

 猫に人間用のサプリや薬を与える人はいないと信じていますが・・・、もしいるのであればすぐに止めましょう。人間の体のサイズに合わせて計算された薬なので、猫にとっては過剰摂取になったり、致死量であったりします。特に薬は副作用が現れる物です。体の小さな猫には、もはや毒にしかなりません。

こうして見ると、猫にとって危険な食べ物が多いですよね!昔の猫は「ねずみ」や「小鳥」を捕食して食べていたぐらいですから、チョコレートや生の豚肉、あわびや牛乳などは、現代ならではの注意食材ですね。

【その2】人間の食べ物を与えない!

31122898_l
何度も言うように、猫と人間の体の造りは全く違います。求める栄養素の量も、バランスも、人間と同様に扱ってはいけません。
愛猫が可愛くて「今日くらい・・・」の判断が、猫の寿命を縮める行為だと思っておきましょう。

<味覚の決定期>

猫の味覚・好物は、実は母猫の母乳やミルクから離れ始めた頃からの食事で決まります。この頃から、ふやかしたキャットフードや柔らかい食事を与え、乳離れをさせていくのですが、この期間に食べた食事が猫の好物になりやすいと言われているのです。
もし、この期間に人間の食事を与えていたら・・・それが好物となって、成猫になっても人間の食べ物をねだるようになりますよね!そうなると、キャットフードには見向きもしません。
逆に、人間の食べ物を一切与えないでおくと、成猫になっても人間の食べ物に興味を示さない傾向があるので、ここの時期はとても重要だと言えます。

<人間の食べ物を知ると・・・>

人間の食べ物の旨味を知った猫は、何とかして食べようと試みるようになります。
・人間が食べる時にねだるようになる
・テーブルに飛び乗って食べ物を食べる
・台所で食材を盗み食べる
などの問題行動が起こるようになります。こうなると、現行犯で怒ったり、ビックリさせるしか対処がありません。

<しつけの徹底>

猫は一度でも食べると味を覚えます。今後もそれを求めてねだるようになるでしょう。
しつけを考えるのであれば、家族全員の徹底した『与えない』しつけが必要となります。誰が一人でも甘い考えで与えていたら、猫のねだりは止まりません。根気よく、猫に教えて行きましょう。やがて猫も理解し、諦めるはずです。

【まとめ】

要は、何事も食事のバランスと量が大切だと言う事です。(絶対に食べてはいけない食べ物はNGですが)同じ物を大量に摂取すれば、そりゃ体調だって悪くなります。人間だって毎日ポテトチップスばかり食べていたら体調に変化が出ますよね。
猫の最適なバランスの取れた食事を心がけ、愛猫の寿命を延ばしてあげましょう。