猫の食事について


医食同源という言葉があるように健康と食事は密接に関係しています
必要な栄養素をとって猫ちゃんの健康を守りましょう

カルシウム不足には注意

カルシウムとリンの割合が1:0.8で食事を取るのが理想です
肉にはリンがカルシウムの2倍入っているので肉だけあげるとカルシウム不足になってしまいます

たんぱく質を多くとる

猫は肉食です。たんぱく質のとる量は人間の五倍たくさんとらせてください

タウリンで病気を防ぐ

猫の食事で必要なのがタウリンこれが足りないと失明したり、食欲不振になります。 
レバーなどにタウリンは豊富に含まれているのであげてください

野菜は基本的にはいらないです

猫にとって危険な食べ物

猫と人間は違う生き物ということを認識してください
 
イカ、タコ よく、腰を抜かすといって控えられてますよね。イカやタコは猫には消化に悪いので危険です

ねぎ類

ねぎ類は赤血球を破壊するので与えてはダメです
わさびなどの刺激物 猫はとても味に敏感、基本的には味付けはしないでとくに刺激物を入れたりはしないでください
青魚 猫に長期にわたって青魚をやると青魚の不飽和脂肪酸黄色脂肪症になる確率が上がります与えるのは控えてください

あわびの肝

あわびの肝は猫にとって皮膚の炎症の元になります

鳥の骨、魚の骨

これは、胃腸に刺さるなどの事件が起こるので気をつけてください

隠れた一品

マタタビ

  マタタビは猫のお酒のようなもの酔っ払ってとても面白い行動を見せてくれますよね
そんなマタタビ!実は歯磨き効果があるって知ってました?

にぼし

 実はにぼしは理想のおやつなのです!! カルシウムとリンの比率がとてもバランスがすぐれているのです!! おやつの一品にどうぞ!

サラダ油

 これは、毛玉がたまる猫ちゃんに朗報!!小さじ1パイくらい(ホント少しでいいです)ご飯に混ぜると消化がよくなり毛玉がたまりにくくなります