熊本で猫を救うヒーローたち 熊本の猫関係NPO/NGO


2016年の記憶に新しい熊本地震。予想にもしない突然の地震は人間だけでなく動物にも大きな影響を与えました。
自分たちの事で精一杯な部分もある中、それでも被害にあった動物を救おうと活動している人達も多くいらっしゃいます。
今回はその活動をしている団体をご紹介すると共に、地震の被害にあった動物達の未来を考えて頂けたら嬉しいです!

【熊本の猫保護団体】

■動物愛護団体 ドッグレスキュー熊本

2016y12m29d_163059524
登録住所:熊本県菊池郡菊陽町原水2861-1 ひなたぼっこ内
電話番号:096-233-9119
HP:http://www.setup-jp.net/drk/index.html

<活動内容>

・保護・飼育
・譲渡会
・啓発・啓蒙活動

ドッグレスキューさんには地震の影響で迷子になったペット達が多く保護されています。
また、地震で家が崩壊し飼育不可能になった犬なども保護する活動をされています。(条件あり)(ほとんど犬の情報が多いですが、猫も保護しているようです。)

ニュースでもそういった一時預かりの内容が報道されていましたが、すぐに預かり予定頭数を超えたと伝えていました。
それほど、多くの動物があちこちで保護されているのだと思います。

ただでさえ震災を経験した動物たちは不安が大きいのに、行先や家族まで失う不安感は図り知れません。
もちろん、突然の震災でペットを手放さなければいけなくなった飼い主さんも同じ気持ちだと思います。
このドッグレスキューさんの活動は、被災者と被災ペットの両方を救っています。

<募集内容>

・義援金・支援金の募金・・・ゆうちょ振込、銀行振込
・飼育物資の寄付・・・ほしいものリストを要確認。エサが主に不足する可能性あり
・ボランティア募集
・支援型自動販売機(飲料)の設置場所の募集

被災前も保護活動に力を入れているドッグレスキューさん。
支援型自動販売機は良いアイディアですよね!ジュースを買ったお金が自然に募金になる・・・それなら全ての自動販売機がこのシステムなら良いのに!(個人的な願望です。)

地震の報道で全国や海外から募金や支援物資が届いているそうです!ペットシートやリードなどの物資はたくさん集まったそうなので、毎日与えるエサの支援の方にご協力頂ければ幸いです!

■熊本の猫カフェ Cat Shelterかごにゃん 

2016y12m29d_163243851
並木坂店
登録住所:熊本県熊本市中央区 上林町1-31 マーケットプレイスウエスト 2F
電話番号:096-221-3607(11時以降)

新市街店
登録住所:熊本県熊本市中央区 新市街6-2  グリーンライトビル 3F
電話番号:096-221-4000(12時以降)

HP: https://www.kagonyan.com/

<活動内容>

・保護・飼育
・里親募集
・猫カフェ営業

保護された猫と人間を繋ぐ猫カフェを経営されている「かごにゃん」さん。猫たちを『ニャンズ』と呼んでいるのが可愛い!
そして「お客様第一ではなくニャンズ第一のサービス業」という方針に猫への愛情を感じられます。
 
ここで保護される猫たちは命の危機に面している猫たち。親猫がおらず、このままだと命が危ないという子猫が保護されています。
なので、誰かがエサをあげている環境の子や、親猫が側で子育てをしている猫ちゃんは断る事もあるそうです。
 
個人的にこの考えに賛成です。
親猫がいるのに、「迷惑だから」と子猫を引き離すのは人間の勝手です。
また、子猫だけの時があっても親猫がエサを求めて離れているだけかも知れません。
子猫を保護する時は、状況をしっかり確認して保護して下さい。
 
HP内では、猫を手放す飼い主さん・子猫を保護する人などに向けて、熱い気持ちが掲載されています。(この文章に激しく同意します。)一度目を通して見て欲しい!
→https://www.kagonyan.com/%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

話が逸れましたが、並木坂店ではこの震災で被災された方の猫を受け入れてくれています。迷子の猫たちも保護されているそうです。

<募集内容>

・支援金の募金・・・銀行振込
・飼育物資の寄付・・・流動食やミルクなど
・募金箱設置店
・ボランティア募集

保護の猫は病気を持っている事もあります。その治療費もかかりますが、お店を閉めて命を救うので、その損失はとても大きい!
 
なので、皆さんのご支援はとても大きな支えになると思います。
 
物資の寄付、支援金の寄付、一人の力でも数人集まれば大きな力です!それに、カフェに足を運ぶのも一つの協力です。可愛い猫ちゃんと触れ合えるし、入店代が寄付になるなら一石二鳥ですよね!

■にゃわん奮闘記

2016y12m29d_163453792
HP:http://emibingo.blog49.fc2.com/

<活動内容>

・保護・飼育
・譲渡会

にゃわんさんは、熊本市動物愛護センターから猫たち(犬も)を保護する活動を行っています。実は地震後の殺処分は一旦停止されています。
が、保護される数は増える一方で、いつ再開するかは分かりません。殺処分を待つ猫や犬たちを、少しでも新しい家族に!その強い思いがHP上で現れています。
 
愛護センターを訪れた時のブログ、写真をアップされているので是非見て欲しい!そして、にゃわんさんの活動が多くの人に伝わりますように!

<募集内容>

・支援金の募金・・・ゆうちょ銀行振込、銀行振込、楽天銀行振込
・支援物資の寄付・・・特にエサ、猫砂など。HPを要確認
・一時預かりボランティア募集

多くの猫たちを殺処分から救っているにゃわんさんですが、やはり日々の飼育には物資や人手が必要です。
全ての猫たちを一か所で預かる訳ではなく、医療費や物資はにゃわんさんが負担し、一時預かりボランティアさんに協力をしてもらいながら多くの命を救っているそうです。
 
エサや消耗品が多く必要なのは想像出来ますよね。
一時預かるまでの協力が出来なくても、物資や支援金の寄付でも協力が出来ます!皆さんで、殺処分を待つ命について考えてみませんか?

■ジョートフル熊本プロジェクト

2016y12m29d_163647283
HP:https://jyoutofull.jimdo.com/

<活動内容>

・譲渡会の実施
・イベントなど

地震後に増えた保護ペット達ですが、どこの施設も大きくキャパを超えてパンパン状態。
とにかく譲渡を広め、次の飼い主に繋ぐ事が重要だと行動を起こしたのが、「ジョートフル熊本プロジェクト」さん。
いくつもの団体からメンバーが集まって結成された団体で、譲渡会を中心とした次世代型の保護活動をされています。
 
その内容は、とにかく譲渡会を開き多くの猫や犬たちを救う!でもただの譲渡会ではなく、『大きくて楽しい譲渡会を色々な場所で!』というもの。
とにかく多くの人に触れてもらい、学ぶ場所を作って譲渡を広めようと考えられているのです。
 
人が足を運ぶのは、やっぱり楽しいイベントですよね!そこに譲渡会を盛り込む方法は、確かに多くの人に知ってもらう良いチャンスになります。それを定期的に行えれば、譲渡数も増えてくれるはずです。それに、多くの人が「ペットショップで買う」が「譲渡会で出会って飼う」の思考に変わっていくかも知れませんね!

<募集内容>

・活動・運営資金の寄付・・・ゆうちょ振込、銀行振込
・飼育物資の寄付
・サポーター募集

定期的にイベント活動をするには、人手も資金も必要になります。サポーターになるのに資格はいりません。動物を想う気持ちがあるのなら、ぜひ参加して協力してみませんか?
譲渡会のお手伝い(イベントの企画・サポート・SNSの拡散など)も色々とあるようです。
ペット飼育に関する現状を変える事はとても大変だと思いますが、譲渡会スタイルを変化させて行う次世代型なら、皆さんの意識が変わるかも知れない・・・そんな新しい可能性を感じませんか?

■九州の迷子犬猫情報

2016y12m29d_163743080
HP:http://www5.hp-ez.com/hp/goinghome/page22/1

今までの保護活動とは違いますが、九州を限定にした迷子ペットの掲示板があるのでご紹介します。
もし我が子が迷子になった!と思ったら、一つの手段として覚えておくと良いかも知れません。
条件は、九州内に住んでいる人が限定となります。

【熊本で猫を救うヒーローたち 熊本の猫関係NPO/NGOまとめ】

団体によって色々な活動方法がありますね。やり方は違えど、皆さん「命を救いたい」という思いは一緒です。
それぞれが出来る事を精一杯されています。
 
地震の影響でペット団体にも多くの支援物資が届いたそうです。ペットを想う人達が全国、海外で沢山いらっしゃる事にとても感動します。
地震後は物資の確保だけでとても大変ですからね!とても有難い事です。
 
あれから数か月が経ち、団体によっては本当に必要な物が足りない状態になってきています。
特に毎日あげるエサは重要です。
これから援助を考えていらっしゃる人は、送る前に事前に確認し、本当に必要な物を送ってあげるのが一番良い支援方法だと思います。

お勧めのNGOやNPOで紹介したい方・活動されている方からの情報は大歓迎ですので
コメント欄に記載いただければ載せますのでご連絡ください