猫を保護するNPO法人:関東編


世の中には多数のNPO法人が活動しています。
目的も対象も様々ですが、その中には動物保護に力を入れた団体も多く存在しています。
そもそも『NPO』とは、「民間の非営利組織」。簡単に説明をすると、市民が市民の為に社会貢献の一環として活動する団体です。
『己の利益の為に仕事をする』のではなく、『困っている人の為に動く』と言った方が分かりやすいでしょうか。
今回は、その『NPO法人』がどんな活動をしているのかまとめてみましたので、どうぞ興味を持って頂けると嬉しいです!

【関東の猫を保護するNPO法人】

■NPO法人 アルマ

2016y12m29d_155706173
登録住所:〒124-0021 東京都葛飾区細田5-11-12
電話番号:03-5876-7667
HP:http://www.alma.or.jp/index.html

<活動内容>

・センターからの引き取り・・・関東圏の動物愛護センターから引取り・保護
・シェルター飼育・・・「アルマ東京ティアハイム」を開設
・里親募集
・譲渡会
・イベント
・チャリティ活動など

アロマさんは運営スポンサーを募り、センターから預かった命の最後の砦となるシェルターを開設しました。
一般家庭に近いシェルターであり、そこで数多くの命が繋ぎ止められています。
さらに、東京・千葉・埼玉・さいたま市・茨城県・横浜市の各センターから引き取った犬猫の、新しい家族を見つける為の活動も行っています。

<募集要項>

アロマさんのHP上で呼び掛けている募集の内容です。

・スタッフ募集・・・ボランティアスタッフ、一時預かりスタッフ、活動協力スタッフ、ティアハイム・ボランティアスタッフ
 
・医療費の寄付・・・1口500円~可能
 
・活動費用の寄付・・・銀行振込、金券可能
 
・飼育物資の寄付・・・ペットシーツ、ご飯、ノミ・ダニ駆除薬、フィラリア薬、首輪・リード、ベッド、タオル類

■訳あり猫のパラダイス NPO法人 ねこ家

2016y12m29d_155948212
登録住所:静岡県浜松市
電話番号:053-965-1700(受付:9時~18時)
HP:http://www.npo-nekoya.com/index.php

<活動内容>

・猫の預かり・引き取り
・農業など

猫の為のシェルターを運営しているねこ家さん。事情により飼えなくなった、猫アレルギーになった、転居先がペット禁止だったetc・・・よく聞く理由で手放さなければいけなくなった猫ちゃんを引き取ってくれます。
施設はロフトや物見台、キャットウォークなど充実しており、綺麗です。ここではたくさんの猫たちが共に暮らしています。

ねこ家さんは猫を引き取るので、譲渡はしていません。
飼い主さんの変わりに面倒を見ているので、手放した飼い主さんが面会に来る事が出来ます。
さらに月一回は猫の様子を伝えてくれるので、手放した飼い主さんの気持ちにも寄り添った活動内容だと思います。

個人的には、ここは最後の砦。
どうしても猫を手放す飼い主さんは、しっかりと次の飼い主さんを探し出す事までが責任です。
一度『飼う』と決めたなら、責任は果たさなければいけません。

<募集要項>

ねこ家さんもHP上で支援を呼び掛けています。

・スタッフ募集
・会員募集・・・ねこ家さんの活動に賛同する形として「会員」になり寄付をする
・飼育物資の寄付・・・ゲージ、猫トイレ、猫砂、キャットフード、バスタオル、ティッシュペーパーなど

■NPO法人 東京キャットガーディアン

2016y12m29d_160150302
登録住所:東京都豊島区南大塚3-50-1
電話番号:03-5951-1668(携帯へ転送になります)
HP:http://www.tokyocatguardian.org/about.html

<活動内容>

・猫の保護・譲渡
・シェルター飼育
・猫カフェ
・講座
・迷子受付
・病院運営
・マンション
・チャリティ
・イベントなど

保護猫と触れ合える猫カフェの開設、併設して猫用品のリサイクルショップの運営、猫が過ごしやすいシェルターを設備。“保護猫”と“猫を求める人”の繋ぎ役となり、「シェルターから伴侶動物をもらう」という考えが、当たり前になる流れを作っていると感じます。

さらには外猫専用の病院も運営!一般外来は受け付けておらず、地域猫の不妊去勢手術に力を入れて、不幸な命を減らす取り組みもしています。
他にも「猫付きのマンション」「猫がいるシェアハウス」を実現し、猫カフェ以外でも保護猫と触れて譲渡のキッカケになる場所を提供しているのも凄い。

<募集要項>

東京キャットガーディアンの寄付方法は様々あるので、自分に出来るやり方を選ぶ事が出来ます。

・スタッフ・ボランティア募集
・寄付金・支援金・・・クレジットカード払い、銀行振込、かざして募金、定期募金
 
・ネット募金・・・Yahooネット募金やTポイント、クレジットカードで寄付可能
 
・ブック募金・・・本・DVD・CD・ゲームソフト・スマートフォンなどをブック募金に送るとシェルターの活動費になる
 
・かざして募金・・・ソフトバンクモバイルが運営するスマートフォンのアプリで募金できる
 
・お買い物でレスキュー・・・ShippoTV通販部でお買い物をすると売上がシェルターの活動費になる
 
・リサイクル品・・・シェルター付属のリサイクルショップで販売し、売上がシェルターの活動費になる

とにかく保護猫の為の協力ネットワークが強い!気軽に保護猫に会いに行けるので、猫を検討中の方は是非足を運んでみて欲しいです!

■NPO法人 ねこほーむ

2016y12m29d_160304666
登録住所:非公開
電話番号:042-370-0778
HP:http://www4.hp-ez.com/hp/nekohome5/page1

<活動内容>

・猫の受入れ・引き取り

こちらも神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・関東近郊で、訳ありの猫ちゃんを預かり、飼い主さんに変わって一生涯飼育してくれる『ねこほーむ』さんです。
近年では、高齢者が自分の健康上や老人ホームへの入居などで、やむなく手放すケースが多いようです。共に生活をしてきた家族を保健所送りにしたくない!そんな飼い主さんが駆け込めるように、ねこほーむさんは常に相談を受け付けているそうです。
 
預けるには審査が必要で、さらに各健康診断・ノミ取り・避妊去勢手術を済ませ、ワクチン接種はもちろんその証明書も提出になります。それだけ管理を徹底し、他の猫への感染を防いでいる訳ですね。また、避妊去勢手術は高齢の猫に多い病気の発症を防ぐ役割もあります。飼い主さんで難しいようであれば、それらのチェックを有料で代行する事も出来ます。
猫に会えない元飼い主さんに、猫の様子をメールやハガキで知らせてくれるのも嬉しい。

<募集概要>

・寄付・・・銀行振込
・飼育物資・・・物資の寄付は事前に電話・メールで確認

【猫を保護するNPO法人:関東編まとめ】

一度にご紹介が出来ないので、関東地方の中でピックアップしてのご紹介でした。まだまだ数多くのNPO法人が活動しているので、またご紹介していけたらと思います。
犬猫をセンターから引き取ったり、猫のみを生涯かけて受け入れるなど、それぞれ活動目的が違いますが、共通しているのは『殺処分される不幸な命を減らす事』です!全ての人が無責任な飼い主さんばかりではありませんが、残念ながら保健所に連れて来られるペットがいるのも事実・・・。
 
ただ「可哀想だ」と思うだけなら簡単です。
 
しかし、それを見ているだけならただの傍観者です。今回のNPO法人のように、立ち上がる人がいて、救う人がいるから、少しずつ命が繋ぎ止められています。
例えそこに協力が出来なくても、寄付など別の形で援助が出来れば、その活動はもっと広がっていけると思いませんか?
 
一人一人がその意識を持てば、きっと救える命が増えるはずです。今の私たちに出来る事を今一度考えてみましょう。
 
お勧めのNGOやNPOで紹介したい方・活動されている方からの情報は大歓迎ですので
コメント欄に記載いただければ載せますのでご連絡ください