【猫飼い初心者向け】猫との暮らしを楽しむための「しつけ」


猫との暮らしを楽しむためには、人間がやさしく可愛がってあげることが一番大切ですが、お互いに快適な生活をおくる上では、猫にも決まりを教え、守ってもらうことは必要です。

猫にとっては、お世話をしてくれる飼い主は親のような存在でもあります。

飼い主も子供を見守るような気持で、してはいけないことを教えてあげましょう。

まず、猫の特徴と気持ちを知ろう!

a0055_000435
猫の知能は、人間でいうと2,3歳の子供と同じくらいと言われています。
人間と同じで猫もそれぞれ性格が違いますので、数回しつけすると覚えてしまう猫もいれば、何度教えても覚えない猫もいます。
その猫に合った教え方をしないと効果がありません。

また、犬のように、餌くれるから覚えるというようなこともありませんので、一方的な命令では従ってくれません。

しかし、猫は嫌がることをされた、不愉快に感じた、などのことはなかなか忘れず、避けるようになる習性があります。

この習性を利用して、悪いことをした時には、嫌な事が待っているということを関連付けて教えると効果的です。

そのためにも、猫との暮らしの中で、猫の日常を観察し、性格を理解してあげることが大切です。

悪いことをした時には、大声を出さずに現行犯で!

training a cat
猫をしつけるときに、大声を出したり、たたいたりすることはおすすめしません。

その後は同じことをしなくなる、という目に見えた効果はあるかもしれません。

しかし、猫は嫌がること、不愉快に感じたことを根に持つ性格です。痛い思いをしたことは特に、猫の警戒心を高め、飼い主のことを苦手になったり、嫌いになったりする可能性があります。

楽しい猫との暮らしに破綻を招きかねませんので、しかるときには、大声や体罰を避け、いけないことだと分からせてあげましょう。

たとえば、テーブルの上に登ってのいたずらをした場合、ダメな事だと言った上で、テーブルをガタッと揺らす、となりで大きな音を立てるなど、これをすると嫌なことが起こると思わせるのがコツです。

また、必ずいたずらをした瞬間に教え、教える時には毎回同じパターンで教えてあげましょう。

良いことをしたら褒めてあげよう!

a gray cat is holding a pencil with a scribble and books on a white isolated background for a training or humor concept.
猫は小さい子供と同じですので、最初は何がいいことなのか悪いことなのかの判断がつきません。

悪いことをした時だけのしつけでなく、良いことをした時には思いっきり褒めてあげましょう。

猫は、頭を撫でられたり、首の周辺をくすぐられたりするのが大好きです。声で褒めてあげながら優しくさわってあげましょう。

喉がゴロゴロ鳴り出したら、猫が気持ちよくなっている証拠です!

こうして、何度も何度も根気よく付き合ううちに、お互いの絆が深まっていき、猫との暮らしも楽しく充実したものになるはずです。